法人や企業の担当者は注目!固定電話を敷設する方法

固定電話を敷設するためにいくつか会社を比較してから決めよう

信用性が高い

一人暮らしの場合は携帯電話契約で全ての通信をまかなうことができるため、固定電話を契約しない人も増えています。しかし、店舗や事業所の場合は固定電話があったほうが信用性が高く、導入する価値はあります。

固定電話を導入してから使用後までのフロー

業者に連絡し日時指定を行う

契約したい電話会社に連絡し、希望の日時を設定します。すぐに使えるようになるというわけではなく、固定電話を取り付けるために必要な回線がなければ工事を行う場合もあるので、時間に余裕がある日を指定しましょう。

電話機を選ぶ

固定電話の手続きをしたのみでは、電話機はありませんので自分で好みのものを用意します。工事をする当日までに電話機を用意できていれば、業者がそのまま線につないでくれるでしょう。

使用して毎月支払いをする

敷設した後はすぐに使うことができますが、支払いの契約は連絡したときに行われるのがほとんどです。そのためひかり電話なのかIP電話なのか、一般電話を選ぶのか十分に検討しましょう。一般電話だとひかりよりも料金が少し高めです。

法人や企業の担当者は注目!固定電話を敷設する方法

固定電話

通話の品質が良い

固定電話の良さはやはりその通話品質の良さが挙げられます。携帯電話の通話や、SNSアプリを通した通話と比べるとつながりやすさが全然違います。
そのため、固定電話ならセキュリティが強化できるともいわれており、企業や法人の利用数があまり下がらないのはそれが理由です。

直収電話とひかり電話も比較しよう

固定電話といえばNTTの電話加入権が必要とされていましたが、近年では直収電話という方法もあるので選択肢が増えています。
NTTでも光IP電話を導入したサービスを展開しており、費用も安く加入電話番号をそのまま利用できるようになっています。一方、直収電話も基本料金が安いため、様々なサービスを見比べてみましょう。

広告募集中